薬局だけじゃない!薬剤師転職における転職先とは?

薬局だけじゃない!薬剤師転職における転職先とは?

 

【はじめに】

 

薬剤師転職の転職先にはどういった職場があるのでしょうか。一般認識としては、調剤薬局が多いのですが、他にも様々なところがあります。ここではそれらの一覧と詳細についてご紹介します。

 

【転職先一覧】

 

薬剤師の転職先一覧は以下のとおりです。

 

・薬局
・ドラッグストア
・病院
・製薬会社
・治験関連会社

 

1つずつ見てみましょう。

 

<薬局>

 

薬局で働く場合、主にその仕事内容は調剤業務で一般認識に近い仕事です。患者が病院から受け取った処方箋をもとに調剤、その薬の説明や服薬指導を行います。近頃では在宅医療を提供している薬局も増えてきており、薬局内にとどまらないことが特徴であるといえるでしょう。

 

<ドラッグストア>

 

ドラッグストアは、調剤室併設とそれ以外に分類されます。併設の場合は調剤だけでなくOTC医薬品の販売も実施。それ以外のドラッグストアではOTC医薬品の販売がメインになるでしょう。

 

<病院>

 

病院で働く場合は、主に調剤や医薬品管理が主な仕事。調剤薬局と違いはチーム医療に関わるかどうかです。高度な知識が求められるところも多く、福利厚生も充実していることから人気の職場の一つです。

 

<製薬会社>

 

製薬会社で勤務する場合、薬事業務もしくはMRのどちらかで働くことになるでしょう。いずれも調剤ではなく、薬剤師の経験を活かした仕事になります。

 

<治験関連会社>

 

治験関連会社の一つにSMOと呼ばれるところがあります。これはSite Management Organizationのことで、治験施設支援組織のこと。おもにCRC(治験コーディネーター)として働くことになるでしょう。治験をスムーズに進めることが求められます。この他にもCROなどもあります。

 

【さいごに】

 

薬剤師転職における転職先は、上記のように多岐に渡ります。

 

アルバイトの薬剤師